« おかしな夢 | トップページ | J冤罪事件に勝訴! »

2008年5月27日 (火)

大銀座落語会が今年もそろそろ

大銀座落語会の記事が出始めました。
http://journal.mycom.co.jp/news/2008/05/17/003/

東京かわら版6月号が届いたので、見るとここにも大銀座落語会の事が載っていました。
ある役者のインタビュー記事。ここには「今年最後の」と口をすべらせて書いてありました。
さぁ詳しくは6月号を読んでください。
ってかわら版の回し者じゃぁありませんが(笑)

19日のチケットを先行予約でなんとかゲットしたんですが、既に2階席でした。
一般発売日にはどれだけ売る席は有るのだろうか。
行きたい会はあるんだけどな。

|

« おかしな夢 | トップページ | J冤罪事件に勝訴! »

コメント

「かわら版」6月号の89ページ欄外もよろしくお願いします。

投稿: 松井高志 | 2008年5月30日 (金) 13時22分

松井様、こんばんは。いつもありうおうございます。
これですね↓
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%AF-%E9%9B%A3%E8%AA%AD%E6%BC%A2%E5%AD%97%E8%87%AA%E7%BF%92%E5%B8%B3-%E6%9D%BE%E4%BA%95%E9%AB%98%E5%BF%97/dp/4862380883/ref=pd_bbs_sr_1?ie=UTF8&s=books&qid=1212158295&sr=8-1

これは資料としてもかなり重宝しそうな予感がします。
青空文庫の円朝作品を読んだ時、漢字にこれでもかとルビが付けられていて、それはそれで、大変うっとうしい思いをしたことがあります。
この本で勉強すれば、原語?で読める様になりますね。

投稿: ヒロクン | 2008年5月30日 (金) 23時55分

×ありうおうございます
○ありがとうございます

投稿: ヒロクン | 2008年5月30日 (金) 23時58分

話芸速記自体、原文がルビつきを前提として
書かれています。とゆうか、昔の本はルビつきが
当たり前(仮名しか読めない人もいた)。
逆に、今はルビなしのため、漢字が「うざく」なり、
活字離れが起きている、といえましょう。

昔は「っ」などの小文字もなく、
括弧もなかった(改行もなし)ので、
仮名ばかりだと切れ目が分からず、意味が取りにくい。
そこで漢字(漢語)を多用して、ルビ(和訓)を施したのでしょう。
あくまで推測ですが。

投稿: 松井高志 | 2008年5月31日 (土) 12時21分

流石は松井さん。 コメントありがとうございます。
そうだったんですか。
かなでも、漢字でも「うざく」なってしまった日本語は
どうなって行くんでしょうかね
サゲが「AO1K」になってしまったら、
それは「サゲ」かと憂慮しますよその世が来たら。

※「AO1K」:熱いお茶が一杯怖い

投稿: ヒロクン | 2008年6月 1日 (日) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/41336948

この記事へのトラックバック一覧です: 大銀座落語会が今年もそろそろ:

« おかしな夢 | トップページ | J冤罪事件に勝訴! »