« 前途多難 | トップページ | 向日葵が咲く »

2008年4月29日 (火)

迷子の警察音楽隊

というタイトルの映画を見ました。
行った映画館は、火曜日は映画デーで一律1000円。
この為なのか最前列まで入る混みようでした。
エジプトの警察音楽隊が文化交流の目的で、イスラエルの地方都市に行く映画です。
ジャンルを問えば、ほのぼのコメディー・・・かな
オフィシャル  ↓
http://www.maigo-band.jp/main.html

この楽団、イスラエルの空港に着いたは良いけど迎えはなし。
自力で来いというのがイスラエル流なのか
いきなり空港前のバス停で途方に暮れる所から始まります。(この絵が良い)
自力でバスで目的地へ向かう事にしますが、行き先が一文字違いで(まぁ、異言語文化圏だからしょうがないという設定?)
都会の街のはずが、砂漠の中のホテルも無い街へ行ってしまいました。
戻るバスも無く・・・
この映画を一言で表せば「田舎に泊まろう」だな。
8人の団員が三つの家に分散してお世話になって一宿一飯のお世話になる。
この人間ドラマを描いたもの。

中年同士の恋愛せめぎ合い、クラブへイケイケの若者プレーヤー、夫婦喧嘩の家庭に泊まってしまったプレーヤー・・・

小津安次郎映画かよう!的な所もあり、イスラエルとエジプトって日本と韓国的な近さ(文化的な)もわかった。
田舎って何処もおなじだなという感覚もありました。
カルチャーギャップとか宗教や、慣習とかの違いに拘るのではなく、人と人の関係だけにフォーカスを当てたところが良かったです。

面白かったです

|

« 前途多難 | トップページ | 向日葵が咲く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/41036913

この記事へのトラックバック一覧です: 迷子の警察音楽隊:

« 前途多難 | トップページ | 向日葵が咲く »