« 大阪到着 | トップページ | ゲン担ぎ喰い~千葉戦 »

2008年3月28日 (金)

一個人~噺家最強列伝

ただいま西日本行脚の旅から、お江戸へ戻って参りました。
080328 その事はまた別のエントリーに書くとして、今回は旬のこの雑誌についてです。
まさか高松の駅ビルの本屋で見つけるとは、全く持って予想も何もしていませんでした。
「あぁ落語は今、全国区なんだな」と実感しました。

表紙が繁昌亭なのは、「ちりとてちん」効果かもしれませんが(笑)、本紙の6割が落語で占められています。
一般読者向けに「ちりとてちん」クライマックスに向けて、購買欲をそそらせる企画だとは思います。
かつての名人、人気者の事も落語史のお勉強として載っていますが、今の噺家と落語の記事が充実しています。
中でも新作派の噺家をページを割いて紹介しているのがこの雑誌の特徴かな。
「圓丈前と圓丈後」というのが、新作落語を語る時の切り口。そんな事も一般読者向けに書かれています。
上方落語も多く取り上げられていて、数人の落語評論家やライターによる記事で、偏りの少ない内容だと思います。(物足りなさも有りますが、一般読者向けなのでそれはしょうがない)
我が「権さま」も2ページを割いて掲載されていました。
浅く広くですが拘りの記事もあり、帰りの飛行機の中、リムジンバスの中で堪能しました。
この雑誌は買いです。

|

« 大阪到着 | トップページ | ゲン担ぎ喰い~千葉戦 »

コメント

お疲れさまでした。
高松まで行ってたとは。
大変でしたねsad
「ちりとてちん」、ワタシの中では師匠が亡くなったあたりで最終回にしといた方が良かった気がするなぁ。
小草若で、「動物園」聴いてみたいけど。
四草で「善光寺骨寄せ」とかも面白いかも。

投稿: えれこ | 2008年3月29日 (土) 00時16分

小草若の動物園はそーこーぬーけーに面白いかな
終わっちゃいましたが

投稿: ヒロクン | 2008年3月31日 (月) 20時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/40668559

この記事へのトラックバック一覧です: 一個人~噺家最強列伝:

« 大阪到着 | トップページ | ゲン担ぎ喰い~千葉戦 »