« 吉本が仕掛けてきた | トップページ | 落語でダイエット? »

2008年2月 6日 (水)

円楽師の映像

書斎を整理していたら、昔のビデオテープが出てきた。
再生して見たら、落語がぎっしり詰まっていた。

80年代前半にTV録画したもののようだ。
花王名人劇場、NHKの落語番組、フジテレビの深夜特番等色々録っていたらしい。
柳橋、小さん、助六、枝雀、小南・・今は亡き噺家達が画面の中で生きていた。
これらの師匠達の事はまた機会があれば書こうと思う。
今回は円楽師匠。
50代に入った頃と思われる談志と円楽の対談から、円楽の落語に入った。
演目は「目黒のさんま」。
いやー若い。顔はツルツルピカピカしている。
滑舌(FEPで変換できないんだ)も良くたいへん見応えがあった。
50代は気力体力が充実している頃。
講談は70歳からという言葉もあるが、円楽師匠はこの頃が一番良かったかなと思う。
個人の好みでは。
良いビデオが見つかってラッキー。録った自分にGJ!

これに味をしめて、「落語in六本木」のテープを探してみたが、見つけようとすると見つからない。
っていうか録ったかな

|

« 吉本が仕掛けてきた | トップページ | 落語でダイエット? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/40019282

この記事へのトラックバック一覧です: 円楽師の映像:

« 吉本が仕掛けてきた | トップページ | 落語でダイエット? »