« フロンターレ展 | トップページ | 名跡を継ぐということ。「じゃ」の意味 »

2008年1月17日 (木)

本牧亭の鳶

新聞サイトの記事にあった文庫本の記事です。講談の本牧亭が舞台の小説です。
http://sankei.jp.msn.com/culture/books/080113/bks0801131045010-n1.htm

今は小屋は無くなってしまいましたが看板は残り、講談の聴ける日本料理屋として営業している本牧亭です。
本になるくらいですから老舗だったんですね。
女将さんに聞いたところによると、昨年が150周年目だそうです。
幕末の頃から続いていたんですね。
落語の方はブームと言われていますが、講談はなかなか厳しいのが現状です。
ですが、本牧亭はこれからも続いていってほしいですね。
でないと、JAROのCM撮れなくなる(^^;  (そっちかよ)

本の方ですが、表題作以外にも様々な芸人さんが登場する短編集だそうで、読んでみようかな。

読んでみたい人は、リンクのブログランキングのクリックお願いします。

|

« フロンターレ展 | トップページ | 名跡を継ぐということ。「じゃ」の意味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/17723287

この記事へのトラックバック一覧です: 本牧亭の鳶:

« フロンターレ展 | トップページ | 名跡を継ぐということ。「じゃ」の意味 »