« 謹賀新年 | トップページ | 2008年元旦 »

2008年1月 4日 (金)

2007.12.30 トンデモ忘年会

新年初の寄席レビューが、昨年のものですorz
三が日は公私ブログともお休みしました。
また今年も新たな気持ちで書きます。
ちょこっとお知らせです。
右列のリンク欄にブログランキングを追加しました。
面白いエントリーだと思ったら、いえ思わなくても^^;毎回クリックしてもらえるとうれしいです。

さてレビューです。
年末恒例となってしまった感のある、トンデモ忘年会へ行ってきました。
超滿員の木馬亭です。
どれくらい混んでいたのか、それはこれくらい

07123 客席スペースに収まりきれずに、高座横にまでお客が溢れているありさまです。
キウイさんに案内されて一人二人と座っていきます。
決して罰ゲームで座らされている場面ではありません。
何故か客席から拍手が・・(笑)
演者の横から、後頭部から見つめられている状態で会の始まりを迎えました。




■快楽亭ブラック  落語  新作
いきなりの登場はちょっとビックリ。
新春なので、マクラ咄をサービス。
新幹線移動中、隣席のオババとの会話で、「日本は長いの?」と聞かれた。
こんな根多で掴んで落語に入る。
某読売の会長 「桂君、鈴々舎君、この際連立したまえ」
その暁にはコンサルタントに、大仁田先生を・・・・
そして、プロレスで成功した客寄せ演出を寄席で適用したらこうなった・・・
マニアックなプロレス根多だったけれど、客席の反応は良かった。
珍しくエログロは無い咄だった。

■瀧川鯉朝  落語  干し物箱(改) ジャニ箱?
年々小さくなっているんじゃないかなと(笑)
金正日カットは、背を高く見せる為なんでしょうか、どうでしょうか。
マクラでは、昨夜の一門の忘年会。王子の居酒屋で生ホッピーを飲んでいる時の会話等。落語の方は、木久蔵が、木久翁師に内緒で、遊びに出かけるので部屋で物真似でつなぐ丸山小さむ。・・・
「木久蔵が春雨家雷蔵師から貰った美少年の写真はどうした」
「ジャニ箱へしまいました。」
みたいな雰囲気の咄にアレンジされていました。
丸山小さむ(仮称)の悪口が面白い。本人聞いたら怒るよ(笑)
(この後出演者は、悪口は全て鯉朝師のせいにして咄を進める結果となるのだった)

■立川談笑  落語  貧乏神(改)
30日ともなると、田舎っぺの悪口が言えるなんて根多もマクラで(笑)

貧乏神の自由化で海外の貧乏神が入ってくる事になった。
そして、アフリカンの貧乏神が家にやってきた・・・
お得意のブラックユーモア満載だった。

■三遊亭白鳥  落語  談志が寄席にやってきた
クリスマスの夜談志が新宿末廣亭へやってきた。
前座は誰が来たのかわからない、で師匠たちは右往左往
実録でした。
事実は小説より何とかって言うけど、本当に来ちゃったんだもん。

小袁治師匠の日刊マックニュースではこんなふうに取り上げられています↓
http://blog.goo.ne.jp/yanagiyakoenji/e/6e3849d45db9b498d77d59393aa0b631

■立川談之助  落語  海老星人の陰謀
師匠にしては地味な色の着物だと思っていたら、ハーケンクロイツ門だ(笑)

林家正蔵襲名⇒地下室事件⇒離婚会見これらは、一平の三平襲名への布石!!
てな内容
@2年、三平襲名までどんなイベントで儲けるか

最後に談之助節をたっぷり聴いて2007年の落語会は聴き納めとなった。

サービスカット
071242 最後は演者揃ってご挨拶、そして三本締めでお開き

終演後は忘年会へ突入がお決まりのコースなのですが、今年はご贔屓二人でステーキ忘年会。
浅草5656会館近くの店「ミスターデンジャー浅草観音店」
いつか入ろうと思っていて中々機会が無かったが、今回実現しました。
07126450 これでどうだ、1ポンドステーキだぁ。
ご一緒してもらったご贔屓が注文したもの。

07125250 ヒロクンの250グラムステーキはこんな感じ。
比べると量の違いがわかる。
油っぽくなく、柔らかい肉だったので、400グラムでもイケそうな感じでした。
御馳走さまで、師走の晦日も更けていく・・・

|

« 謹賀新年 | トップページ | 2008年元旦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/17573581

この記事へのトラックバック一覧です: 2007.12.30 トンデモ忘年会:

« 謹賀新年 | トップページ | 2008年元旦 »