« 2007.11.23 三遊亭歌笑独演会 | トップページ | 12月は「芝浜」 »

2007年11月27日 (火)

襲名ラッシュ

四代目「歌奴」誕生へ!歌彦が襲名
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2007/11/26/11.html
の記事を見て、最近の襲名ラッシュを調べてみました。
記憶に新しいところの9代目正蔵襲名以降の襲名記事を検索してみました。
データはスポーツ報知 11月5日版を主に参照しました。

  ▼9代目・林家正蔵 05年3月に7代目の孫に当たる林家こぶ平が襲名。
  ▼6代目・柳家小さん 06年9月に5代目の長男・柳家三語楼が襲名。
  ▼6代目・春風亭柳朝 07年3月に孫弟子の朝之助が真打ち昇進と同時に襲名。5代目は立川談志、三遊亭円楽、古今亭志ん朝と並ぶ四天王。
  ▼2代目・林家木久蔵 07年9月に長男・きくおが襲名。初代は木久扇を名乗る。
  ▼6代目・古今亭今輔 08年5月に古今亭錦之輔が真打ち昇進とともに襲名予定。
  ▼5代目・桂米団治 08年秋に孫弟子にあたる桂小米朝が襲名予定。
  ▼4代目・三遊亭歌奴  08年秋、愛弟子歌彦が真打昇進と同時に襲名予定。
  ▼8代目・春風亭柳橋 08年9月に5代目の総領弟子春風亭柏枝が襲名予定。
  ▼2代目・林家三平 09年9月に二男・林家いっ平が襲名予定。

噂話の範囲では未だ上げられますが、一応ニュース記事にあったもの、検索出来たものを揚げましたが、まぁ多いんじゃないでしょうか。
特に来年の固まりようは。来年の様子を見ると再来年はこれから更にでてきそうな雰囲気ですね。圓生とか志ん朝とか・・・・

「落語ブームといわれる中、大名跡の襲名が続き、一段と活気づきそうだ。」
と言う趣旨の記事もありますが、こういう記事もあります。
   ↓
相次ぐ落語家の襲名 軽すぎやしませんかねぇ
http://www.asahi.com/culture/stage/rakugo/TKY200711060092.html
ヒロクンもこの記事に賛成なんです。
そうは言っても名跡を絶やしてはだめだし、襲名披露興行で業界活性化も必要だし難しい問題ですね。

ところで、襲名する本人も結構つらい面があるようです。月の家円鏡師匠が雑誌インタビューで言ってました。「地方へ行くと、偽物が来たと言われて困った」と。円蔵師匠(先代円鏡)はTVでおなじみ。全国区でしたからね。彼が来たと間違える事もあるでしょ。

2010年には、文楽、志ん生二人会なんてあるかもしれないですね。

|

« 2007.11.23 三遊亭歌笑独演会 | トップページ | 12月は「芝浜」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/17208284

この記事へのトラックバック一覧です: 襲名ラッシュ:

« 2007.11.23 三遊亭歌笑独演会 | トップページ | 12月は「芝浜」 »