« 甲府の地ワイン | トップページ | 映画「キサラギ」落語化だってさ »

2007年5月14日 (月)

妖怪お化け軍談修羅場

少し前の情報ですが、一鶴先生がこんな事を始めました。
(元記事が読めなくなったので、テキストだけを貼っておきます)

世界475の妖怪講談で記憶試し 田辺一鶴さん検定開始
asahi.com 2007年04月22日15時31分

 講談界の長老、田辺一鶴さん(78)が、世界の475の妖怪を織り込んだ講談を作り、よどみなく語れるか審査する「記憶能力検定」を始めた。「講談で記憶力を鍛えるのは一番の脳トレ」と田辺さん。22日、東京都墨田区で「お手本」を披露する。

 若い頃、漫画家の水木しげるさんの助手をした経験もある田辺さんは、大の妖怪好き。そこで作ったのが、検定の台本となる講談「妖怪お化け軍談修羅場」だ。

 小豆婆(ばばあ)、猫娘など日本の妖怪のほか、ウガンダなど世界の妖怪が登場。国名・地名を含めると固有名詞は629に及ぶ。

 田辺さんは2年前、100程度の妖怪を連ねた同名の講談を初演。その後、妖怪数を200余に増やして台本を発表した。しかし「簡単に覚えた」という人が現れてプロ魂に火がつき、今回の「改訂極め付き版」が完成した。

 検定は、5ページに及ぶ台本の1ページ目を覚えられれば5級、2ページ目までで4級。いずれも自己申告するだけで認定証を送る。3級は3ページ目までで、聞き役3人の署名が必要。2級以上は田辺さんが実技審査する。全編とちらずに出来た人は1級で「名人位」と金一封(金額未定)が。さらにプロの講談師を目指す人には無料で芸名を授与する。受検料は80円切手4枚。問い合わせは、ファクスで田辺一鶴事務所(048・925・0870)へ。

 22日は午後5時から、墨田区両国4丁目の「お江戸両国亭」で。1500円で検定台本も付く。
...................................................................................................

寿限無で精一杯、垂乳根、金明竹の言い立てさえ出来ないヒロクンの場合は1ページ覚える途中で・・・

・・・・
寝るな 多分^^;

一鶴先生って「東京オリンピック」とか昔から言い立て修羅場得意ですよねぇ
先生のお年だと、アルツハイマーが心配かもしれませんがそれはありません!。
先生の場合はきっと、脳味噌USBメモリー化してるんじゃないかな。そうとしか思えないよなぁ^^

|

« 甲府の地ワイン | トップページ | 映画「キサラギ」落語化だってさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/15072045

この記事へのトラックバック一覧です: 妖怪お化け軍談修羅場:

« 甲府の地ワイン | トップページ | 映画「キサラギ」落語化だってさ »