« ディパーチャー | トップページ | 釜山二日目 朝 AM »

2007年4月14日 (土)

プーさん旅行1日目

  目的地に到着しました。
場所はプーサンはプーサンでも・・・

韓国のプサンでしたw
03kinpo これからバスでホテルへ向かいます。
場所は凡一洞(ボミルドン)のホテルクラウン







02chuouitiba1s
荷物を整理してボミルドンの中央市場という商店街へ食事に行った。
大通りには現代デパートやジュエリーショプもあるお洒落なところだが、一つ筋を入ると屋台が沢山ある。
(左前のおばちゃんがいい感じW)


07yatai 屋台はこんな感じ。
天ぷら、おでんに、赤やつトッポギ
こんな屋台が沢山並ぶ。
韓国の人は屋台が大好きなのである。
こんな通りを歩いて夕食の目的地もとい、
ゲン担ぎ喰い釜山編へ進むのである。










F_58_3s ここが目的地
ハングル文字が読めないがけっこう怪しい雰囲気。
でも中は満員。夕食時の7時だからねぇ
ここは「ハルメチッ」という店
釜山の人気名物ナッチポックムを食べさせてくれる店なのです。
(実は店の写真を撮り忘れたのでこの写真はネットからコピったもの)

05nacchipokkumu ナッチポックムとはテナガダコの炒めもの。
海の街なので魚介料理は多い。
タコ、長ねぎ、玉葱、春雨にんにく等をタテギというタレで煮込んでいきます。辛すぎずタレの旨味が食材に絡んで、癖になる美味しさ。
これをご飯にスプーンで取って混ぜて食べるのだ。タコがぷりんぷりん。
ヒロクンのテーブルにあるガスコンロに鉄鍋が乗せられ、食材の皿が運ばれてくる。店員のおばちゃん(韓国語でハルメチ。店名はそういうこと)が全部作ってくれる。

04hitebeer ピリ辛料理のお供はビール。
これは韓国のスタンダードなビールだそうです。
キリンににた苦みが特徴っぽい

ナッチポックムができるまでキムチを肴にこれを飲んで待つ。
因みに箸でナッチポックムを食べようとしたらおばちゃんに怒られた。ナッチポックムとご飯はスプーンで混ぜて食べる。箸はキムチを食べる時だけ用いるとのこと。
今後の食事にこの教訓を活かそう

06pokkunpa_2晩餐には「シメ」という言葉がある。
ご飯とナッチポックムが半分になったところでシメをしようとしたら、おばちゃんがやってきてご飯茶碗にナッチポックムの残り全部を開けられてしまった。(いわば韓国風味噌汁ぶっかけめし状態)。   
ヒロクンが涙目で頭を左右に振り韓国語一言「ポックンパァ~~!!!」
おばちゃん「あいーっポックンパ」と言ってご飯とナッチポックムを鉄鍋に戻す。そして焼き海苔とニラキムチの残りも鍋入れ、焼き始めた。(この香がたまりまへん)
ポックンパはヤキメシのこと。ヒロクンはこれでシメたかったのです。   おじやの汁が無くなるまで火を通す感じです。
海苔とご飯のお焦げの部分が香ばしい香でたまりません。
御馳走さまでした。(ナッチポックムとビールで1100円位)

08sojute大満足で店を出てホテルに帰る途中セブンイレブンでソジュ(焼酎)とお茶を購入。ソジュが1250W、お茶が1500W
お茶の方がたけーでやんのW
(緑茶は輸入品だから?)

因みに釜山のコンビニではこちらから言わないとレジ袋は貰えません。

この後ホテルでサウナと薬草湯に入ってソジュを飲んで旅の疲れをとりごきげんになって一日目が終わったとさ

あっそれと教訓
韓メシの 後は毎回  ブレスケア

|

« ディパーチャー | トップページ | 釜山二日目 朝 AM »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/14671615

この記事へのトラックバック一覧です: プーさん旅行1日目:

« ディパーチャー | トップページ | 釜山二日目 朝 AM »