« 2007.02.24 本牧亭土曜講談会 上 | トップページ | 日本料理本牧亭 »

2007年2月27日 (火)

2007.02.24 本牧亭土曜講談会 下

昨日の続きです。陽司先生の高座が終わってくつろいでいると、人の姿が障子に写ったので何気なく眼を向けると、障子が開いて見えたお顔は、圓歌師匠でした。
その刹那(夢枕漠っぽくないですか^^)、正座してしまいました。いやぁ一瞬緊張しましたね。

土曜会の夜は今までに何回か接近遭遇してるんですよね。そのたびに緊張します。
「山のアナアナ・・・」を聞いて大きくなった世代ですし、師匠は今や落語界の重鎮ですし、親しみを通り越して畏敬の念のようなものを感じたのかもしれません。
その圓歌師匠ですが、足腰が弱くなっているのか酔いがまわっているのか、席を立つ時よろけがちになったので、勿体なくも支えさせて頂いたのです。貴重な体験ですしうれしかったですね。奉仕する喜びのようなものを感じました。
前座見習いの弟子が師匠の世話を苦にすること無くやれるのも、この感覚に近いのかもしれないなぁと今思っいながら書いてます。
一昨日は円楽師匠の引退騒動がありましたが、圓歌師匠もお体を大事にして、これからも末永く高座姿を見せて頂きたいものです。

それにしても、本牧亭のカウンターでの圓歌師匠と酒の相手をしている女将さんのツーショはいい雰囲気だった。

|

« 2007.02.24 本牧亭土曜講談会 上 | トップページ | 日本料理本牧亭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/14071233

この記事へのトラックバック一覧です: 2007.02.24 本牧亭土曜講談会 下:

» 大好きな歌 [大好きな歌]
今日、ゴスペルの発表会があって、友達と一緒に参加してきました。... [続きを読む]

受信: 2007年2月28日 (水) 00時07分

« 2007.02.24 本牧亭土曜講談会 上 | トップページ | 日本料理本牧亭 »