« 久しぶりの独演会があります | トップページ | きいちご賞 »

2007年1月22日 (月)

落語と講談の違いって時々考える

ヒロクンが時々思うことが、ブログにありましたので、トラックバックさせて頂きました。
「落語と講談の違い」これを聞かれると説明に窮するんだよね。
>「世話物講談と人情噺は区別がつかない」(愛山)
>「あくまでも講談としてやっているという意識はある」(琴調)
ご本人たちがこう言っているくらいだからね、答えの無い問題だけれど時々考えてしまう。

琴調先生の「柳田格之進」聞いてみたかった。
愛山先生って結構超党派の会を開くんだよね。
あともう一つ疑問に思っていること、NHK「日本の話芸」の講談録画場所はなんで何時も浪曲の聖地木馬亭なのだろう・・・

|

« 久しぶりの独演会があります | トップページ | きいちご賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/13619099

この記事へのトラックバック一覧です: 落語と講談の違いって時々考える:

« 久しぶりの独演会があります | トップページ | きいちご賞 »